ストレスがたまると白髪になる・・・などと言われていますが、都市伝説だと思っていたら実は本当のことだった、というわけです。

睡眠時間が足りなくても白髪になるよ

hkshdhsdhkshkds

小説あるいは漫画などで、ストレスによって一瞬に白髪になるという描写を読んだことがある、という人も中にはいるかもしれません。

しかしそれほど短期間で人間は白髪にはなりませんから、安心しましょう。しかしストレスによって白髪が増えるのは本当の話です。

ストレスと一言でいっても色々とありますが、最も関係が深いとされるのが夜更かしのストレスです。

白髪にとって最大の難敵というのが夜更かしです。さも自分自身はストレスを感じていないわけですが、頭皮や髪の毛には相当なストレスを抱えることになります。

人間は交感神経が働く昼間に活動し、副交感神経が優位になると眠りにつくという習性があります。しかし眠っているであろう副交感神経が優位のときに起きていると、神経の働きが異常になります。

しかし単純に寝れば良いだけではなく、眠る時間も大切です。特に夜の10時から深夜2時までの間はゴールデンタイムと呼ばれ、肌の細胞も入れ替わりますし、髪の毛も伸びます。出来るだけ髪の毛のためを思うなら早めに寝るようにしたほうがよいでしょう。

こめかみ白髪は目の疲れからきている、夜更かしもストレスのもと

またこめかみにできた白髪は疲れているとき、ストレスがたまったときにできるといわれていますから、こめかみに白髪ができた場合、何らかのストレスが自分に加わっていることを感じましょう。

パソコンなどを長時間扱っていると目を酷使しますから、眼精疲労にもなりますし、それだけで目が疲れ、ストレスになると言われています。

目に疲れがたまると何故白髪になるのか?他の部位は何故平気なのかといえば、目はこめかみに最も近い場所にあります。こめかみに疲れが集中するので白髪ができる要因となります。

デスクワークで長時間パソコン作業をしている人は、1時間に5分でもよいので休憩をとりましょう。