ストレスがたまると白髪になる・・・などと言われていますが、都市伝説だと思っていたら実は本当のことだった、というわけです。

ストレスで白髪に!?対策を考えよう

shiragaksjalk

髪の毛のトラブルはストレスによるもの、と認識されつつあります。若白髪の場合、とくにストレスが原因であると言われていますから、あなたの周りの誰かももしかするとストレスによって白髪が出てきているのかもしれません。

しかし何故ストレスによって白髪が出るのでしょうか?そのメカニズムはどうなっているのでしょう。

まず、白髪が発生するのはメラニン色素が不足しているからなのです。メラニン色素と言えば、女性が聞くと耳を塞ぎたくなる、シミのもとになるものですが、髪の毛を黒く色づけているのもメラニン色素なのです。

メラニン色素を作り出しているのはメラノサイトというものなのですが、このメラノサイトはストレスに弱く、ストレスを感じると正常な働きができなくなります。

ストレスがたまると白髪になるのは本当

さらにストレスがたまってくると自律神経が乱れてきます。血行も悪くなるので毛根に栄養が充分届かなくなる恐れもありますから、そのため白髪になってしまう、というケースもあります。

また現代人に不足しがちなミネラルもメラニン色素合成のための酵素であるため、白髪の原因となっています。

ストレスで白髪になってしまう、という場合には、できるだけそのストレスから遠ざかるようにすることが大切です。ストレスのもとを断ち切る術が必要となりますが、その前にストレスの原因を見つける必要があります。

それが仕事なのか、恋人との喧嘩なのか、簡単に解決できるものならよいのですが、なかなか職場のトラブルなどは難しいでしょうから、生活習慣から変えてみましょう。

ストレスはストレスでも、白髪になりやすいストレスはあるの?

ストレス、と一言で言っても、世の中には多くのストレスが蔓延していますから、どんなストレスが白髪に影響を与えるのか、頭皮に影響を与えるのかが知りたいものです。

実際、白髪になる可能性のあるストレスは、受験勉強や就職活動、家族と仲が悪い、恋人とうまくいかない、仕事トラブルに環境の変化などがあります。

環境の変化などはかなり大きな変化となりますから、女性などは出産をすると白髪が増えると言います。それだけ新生児の面倒を見るのは大変だと言うことになります。

しかしまだ若年であるにも関わらず、白髪になってしまったら、それで一生白髪のままなのか、というと、そうでもありません。

fjsdhkshdkahdkjs

ストレスによる白髪はメラノサイトというものが関係している

ストレスによる白髪は一時的にメラノサイトという細胞が止まっているためなので、ストレスの元凶を断ってしまうと、またメラノサイトが活発になり、黒髪が生えてくることになりますから、今白髪があったからといって、それほどショックを受けなくても、また黒髪に戻ることができると言えます。

ストレスを感じると白髪が増えるといいますが、では何がストレスなのか?自分でストレスをあなたは作っていませんか?

ストレスと思えば思うほど、その物事はストレスになっていきます。不安、怖い、後悔等々ありますが、それらを全て自分自身の経験値と思ってみると、それはストレスではなくなります。

自分を制限してストレスをためないようにしよう、と努力しよう、避けよう、とするあまりにストレスが増してしまうことがありますから、それだけは注意しておきましょう。